〒750-0036 山口県下関市あるかぽーと6-1(財団本部)
〒750-0008 下関市田中町5-6下関市観光・スポーツ部2F
      (研究室)

下関鯨類研究室は、「くじらのまち日本一」を目指す下関市を学術面で支援するため、市が公益財団法人下関海洋科学アカデミーに業務委託をして設立された研究室です。活動概要.pdf

TOPICS

  • New!【次回鯨塾のお知らせ
    ご好評をいただいている「鯨塾」第2回は令和元年5月11日開催で、話題は「鯨の進化と海洋への適応」です。哺乳類である鯨は、かつては陸を歩く四足動物でした。鯨の祖先はどのような動物で、5000万年を超える時間をかけてどのように水中生活に適応していったのでしょうか。


NEWS
新着情報  

New!2019年2月25日
下関鯨類研究室報告6を発行しました。「改訂版:山口県鯨類目録」(石川創・渡邉俊輝)「下関市立大学所蔵の鯨類頭骨調査について」(石川創)「下関市立大学所蔵のイワシクジラ頭骨」(大石雅之)「戦前1899-1945年の近代沿岸捕鯨の事業場と捕鯨船」(宇仁義和)、ストランディングレコード(2017年収集)他を収録してます。
2018年10月1日
「月とマッコウクジラ -鯨と、アメリカと、宇宙開発-」が(一財)日本鯨類研究所の機関紙「鯨研通信」第479号に掲載されました。
2018年3月1日
下関鯨類研究室報告5を発行しました。「山口県長門市大日比地区のイルカ追い込み漁−昭和期の捕獲を中心にして−」(石川創)「墓」と「供養」にみる民俗の伝承力−長門北浦の鯨供養行事を通して−」(吉留徹)、ストランディングレコード(2016年収集)他を収録してます。
2017年3月10日
下関鯨類研究室報告4を発行しました。「日本沿岸のザトウクジラのストランディングレコード」(石川創)、「社内文書に見る東洋捕鯨の事業場」(宇仁義和)、「下関鯨類研究室報告寄稿:『鯨場(くじらば)』聞き書き」(岸本充弘)、ストランディングレコード(2015年収集)他を収録してます。
2017年
「現代ノルウェーの捕鯨(1〜3)」が、(一財)日本鯨類研究所の機関紙「鯨研通信」第469号第471号第472号に掲載されました。  
2016年10月   
「昭和期「鯨の解体ショー」の研究(続報)」が日本セトロジー研究26号に掲載されました。
2015年12月25日
下関鯨類研究室報告3を発行しました。「ストランディングレコードから見た日本沿岸のミンククジラの回遊」(石川創)、 「ロイ・チャップマン・アンドリュースの鯨類調査と下関」(宇仁義和)、ストランディングレコード(2014年収集)他を収録しています。
2014年12月      
「昭和期「鯨の解体ショー」の研究(予報)」が日本セトロジー研究24号に掲載されました。
2014年11月25日
下関鯨類研究室報告2を発行しました。「山口県鯨類目録」(石川創・渡邉俊輝)、ストランディングレコード(2013年収集)他を収録しています。
2013年8月
「山口県におけるスナメリ地方名の研究」が日本セトロジー研究23号に掲載されました。
2013年5月20日
下関鯨類研究室報告1:日本沿岸のストランディングレコード (1901-2012)を発行しました。
2012年7月18日
鯨類研究室がオープンしました。
下関鯨類研究室(公益財団法人下関海洋科学アカデミー鯨類研究室)

公益財団法人
下関海洋科学アカデミー鯨類研究室

〒750-0036
山口県下関市あるかぽーと6-1(財団本部)

〒750-0008
下関市田中町5-6下関市観光・スポーツ部2F(研究室)

TEL 083-250-8307
FAX 083-250-8327