登録番号 和名 評価 群頭数 海域 都道府県 位置 年月日 状況 生/死 体長 体重 生物情報 標本 備考 文1 文2 文3 文4 文5
RO-018 イチョウハクジラ B 1     太平洋 宮崎 南那珂郡南郷町外之浦 19350106           頭骨(国立科博分館) 日本初のオオギハクジラ属報告。種名は国立科博山田格博士鑑定でオウギハクジラ属から変更(980610)。 107 108      
O-1919 マッコウクジラ A 1     太平洋 宮崎 宮崎市木花浜 19760510 漂着 死亡     体長約10m。   VTR有り。宮崎日日760511。          
RO-001 カズハゴンドウ A 135 72 47 太平洋 宮崎 宮崎市青島海岸 19820106 マス・ストランディング 生存→死亡 2.63   BL209-262cm、妊娠10授乳13、親子無し。   初日135頭漂着。約半数を沖に帰したが翌朝116頭が再上陸。1/6に4頭を宮崎県水試に輸送するが翌日死亡。1/7の発見時生存率70.6%。漂着原因を文献(20)は寄生虫、文献(236)は地形と海況によるものと推測。 20 236 265    
RO-002 オキゴンドウ A 5     太平洋 宮崎 宮崎市青島海岸 19830522 マス・ストランディング 生存→一部死亡         4:00PM頃漂着。5-10頭が漂着し2-3頭が救出された。 20        
O-120 ハナゴンドウ A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市青島海岸 19900820 漂着 生存→死亡 1.87   詳細計測値有り              
RO-325 オガワコマッコウ B 1   1 太平洋 宮崎 児湯郡高鍋町蚊口浜 19920808 漂着 生存→放流→死亡       骨格(高鍋町歴史総合資料館) 救助放流するが8/12に腐乱死体が同浜に漂着。高鍋町より詳細を聞取り。 159        
O-1192 ハナゴンドウ B 1 1   太平洋 宮崎 児湯郡高鍋町小丸川河口 19921115 漂着 死亡         マリンワールド登録番号MWU-W921115。          
M-689 ミンククジラ A 1 1   太平洋 宮崎 日南市宮浦 19930208 漂着 死亡 5.8   腐敗。詳細計測値あり。   調査後埋却。          
O-252 オガワコマッコウ A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市青島海水浴場 19940210 漂着 生存→死亡 1.418   詳細計測値あり。 生殖腺・寄生虫・DNA標本(日鯨研)、骨格・剥製(宮崎県博) 2:00PM漂着。現地でサーファーが救助を試みるが再漂着。午前中2頭の鯨類の遊泳を目撃(O-253?)。日鯨研職員が凍結個体標本を計測解剖。          
O-253 オガワコマッコウ A 1   1 太平洋 宮崎 宮崎市青島弥生橋北側 岩石帯 19940211 漂着 死亡 2.085   詳細計測値あり。妊娠、胎仔体長27.3cm雄。 生殖腺・寄生虫・DNA標本(日鯨研)、骨格・剥製・胎児(宮崎県博) 3:30PM漂着。前日漂着個体(O-252)と同群?日鯨研職員が凍結個体標本を計測解剖。          
M-135 ニタリクジラ B 1   1 太平洋 宮崎 東臼杵郡北浦町波瀬川原 19941108 漂着 死亡 3.3 600 臍帯のついた新生仔。 骨格(北浦町) 奈須敬二博士及び北九州市立自然史博物館岡崎美彦主査の指導で骨格標本作成、道の駅・北浦に展示。新聞記事(宮崎日日980607)。          
M-168 ミンククジラ A 1     太平洋 宮崎 東臼杵郡北浦町直海 19951214 混獲(定置網) 死亡 5.8       10:00AM落し網で発見。解体。種名は写真鑑定によりニタリクジラから変更(041101)。          
O-753 スジイルカ B 1     太平洋 宮崎 延岡市新浜町 19960412 漂着 死亡                    
O-382 オガワコマッコウ B 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市青島白浜海水浴場 19960621 漂着 死亡 2.6 264.6 詳細計測値あり。 骨格(延岡市須美江水族館)、皮膚(日鯨研) 体温が残っていた。7/15剖検。胃内に頭足類口器多数あり、内耳の寄生虫も無かった事から疾病以外の原因が疑われた。日鯨研標本及び写真は蛭田密氏(マリンワールド海の中道)による。コマッコウの可能性あり。          
O-447 オガワコマッコウ A 1   1 太平洋 宮崎 宮崎市田吉赤江浜海岸  砂浜 19970616 漂着 死亡 1.86   詳細計測値有り。腹部に鮫?咬傷3ヶ所有り。 無し 歯式0-0/4-4、下顎裏に溝有り。県河川課が処理。          
O-537 オガワコマッコウ B 1     太平洋 宮崎 宮崎市青島海岸 19971114 漂着 生存→放流     体長約4m。   9:00AM頃巨人軍秋季キャンプ早朝トレーニング中発見。6人で海へ戻した。          
RO-413 マイルカ(ハセイルカ) A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市青島海岸 19980322 漂着 生存→死亡     体長約1.4m、成熟。衰弱激しく発見後間もなく死亡。 各種臓器(宮崎大学農学部) 病理解剖の結果非化膿性脳炎を示す。イヌジステンパ-ウィルス抗体検査陽性で、太平洋側における日本初のイルカのモルビリウィルス感染症報告例。原著ではスジイルカと記載。 235        
O-659 スジイルカ B 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市宮崎空港南500m 19990429 漂着 死亡 2.39   腐敗、黒色化。詳細計測値有り。 無し            
O-746 コビレゴンドウ A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市白浜白浜海水浴場 19990918 漂着 死亡 3.13   詳細計測値あり。擦過傷多数、サメ?口傷あり。   6:00AM発見。宮崎水試が調査、県が処分。新聞記事(読売/朝日/宮崎日日990919)。          
O-751 ハナゴンドウ A 1   1 太平洋 宮崎 日南市伊比井伊比井海水浴場  砂浜 19990920 漂着 死亡 2.72   詳細計測値あり。サメ?口傷4。   朝発見。報道ではコビレゴンドウ。新聞記事(宮崎日日990921)。          
O-796 ハナゴンドウ A 1 1   太平洋 宮崎 延岡市新浜町海岸 20000314 漂着 死亡 3.1     無し 埋却。          
O-1201 オガワコマッコウ B 1     太平洋 宮崎 児湯郡高鍋町蚊口浜 20000825 漂着 死亡 2.12     頭骨(県総合博物館) 宮崎県総合博物館に計測値有り。マリンワールド登録番号MWU-W000825。種名は文献(321)による。 321        
O-946 マッコウクジラ A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市波状岩(いるか岬北約800m) 20010306 漂着 死亡 4.2   外傷無し。詳細計測値あり。 DNA標本(日鯨研) 漂着2日以上経過。          
O-994 カズハゴンドウ A 1 1   太平洋 宮崎 日南市宮浦小吹毛井 20010521 漂着 生存→死亡 2.5   詳細計測値有り。 脂皮・筋(日鯨研) 9:30AM発見。サーファーらが救助を試みるが再漂着を繰り返し3時間後死亡。010522調査。新聞記事(宮崎日日010522)。          
O-1078 オガワコマッコウ B 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市郡司分清武川河口北1.3km 20011009 漂着 生存→死亡 2.27   詳細計測値有り。 DNA標本(日鯨研)、各種組織(国立科博)、骨格(宮崎県総合博物館) 11:30AM発見。13:14消防署レスキュー隊が救助し13:56自力で沖へ遊泳した。翌1009の14:00に約200m北で死亡漂着を発見。1010県水試、国立科博、九州大、かごしま水族館、県総合博物館らが剖検。新聞記事(宮崎日日011009)。          
M-273f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 延岡市赤水町 20011119 混獲(大型定置網) 死亡 5     DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。ICRY-01-040          
M-267f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 延岡市赤水町 20011120 混獲(大型定置網) 生存→死亡 4.6     DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。ICRY-01-034          
O-1105 ハナゴンドウ A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市青島青島神社参道弥生橋下 20020108 漂着 死亡 2.025 100.8 鮮度良、詳細計測値あり。 DNA標本(日鯨研)、骨格・病理/汚染分析用標本(国立科博) 8:30AM発見。020109県水試、かごしま水族館、九州大学らが剖検。          
M-311f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 串間市大字大納野々杵地先 20020204 混獲(大型ブリ定置網) 生存→死亡 4.15   胴周2m。 DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。ICRY-02-017          
M-327 コククジラ A 1     太平洋 宮崎 宮崎市木崎海岸加江田川河口 20020319 漂着 死亡     完全に骨化。体長約8m 骨格(宮崎県総合博物館) 海岸に全身骨格が埋まっているのを発見。新聞記事(朝日/夕刊デイリー030322、宮崎日日040412・050427)          
M-330 ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 宮崎市大字折生迫地先 20020322 混獲(小型定置網) 生存→死亡 4.14   詳細計測値有り。 脂皮・筋(日鯨研) 揚網時には死亡していた。省令に基づき販売。ICRY-02-034          
O-1218 オガワコマッコウ A 1   1 太平洋 宮崎 児湯郡高鍋町堀の内 20020524 漂着 死亡 2.44   外傷無し。計測値有り。 無し 早朝発見。調査後埋却。宮崎日日新聞020525。          
O-1276 オガワコマッコウ A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市青島海岸(こどものくに) 20020810 漂着 生存→死亡 2.32   詳細計測値有り。 DNA標本(日鯨研) 早朝瀕死状態で発見。サーファーらが救助を行うが再漂着。報告者到着時(9:00AM)には死亡。調査後埋却。日鯨研でDNA分析済み(020803後藤睦夫)。          
O-1287 コブハクジラ B 1   1 太平洋 宮崎 日向市美々津町 20020902 漂着 死亡 3.53   腐敗。 歯・一部骨格(宮崎県総合博物館) 調査後埋却。20071103・071218・080227に宮崎くじら研究会が発掘。種名はオウギハクジラ属から090810変更。 327        
O-3080f オガワコマッコウ A 1     太平洋 宮崎 日南市大堂津海岸 20030507 漂着 死亡 2.73   腐敗。   早朝発見。埋却。          
O-1432 オガワコマッコウ A 1     太平洋 宮崎 児湯(コユ)郡高鍋町持田 20030619 漂着 生存→死亡 2.48   腹部に咬傷?有り。   16:30頃発見。住民、町職員らが救助活動を行うが自力遊泳せず20日朝までに死亡。町が埋却。          
O-1430 オガワコマッコウ C 1     太平洋 宮崎 日向市お倉ヶ浜海岸二つ岩 20030620 漂着 死亡 2.35   外傷無し。   市が埋却。          
M-548f ミンククジラ A 1     太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20031205 混獲(大型定置網) 生存→死亡 5     DNA標本(日鯨研) 網外へ出そうとするが死亡。省令に基づき販売。ICRY-03-112          
M-612f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 日向市細島飛島地先 20040319 混獲(定置網) 死亡 3.53     DNA標本(日鯨研) 10:00AM発見。省令に基づき販売。ICRY-04-041          
O-1582 ハナゴンドウ B 1     太平洋 宮崎 宮崎市白浜海水浴場 20040604 漂着 生存→放流     吻端、尾鰭に擦過傷。呼吸は良好。 無し 10:00AM頃発見。5-6人で救助活動を行い放流。          
M-702f ミンククジラ A 1     太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20041213 混獲(大型定置網) 生存→死亡 5     DNA標本(日鯨研) 網外へ出そうとするが死亡。省令に基づき販売。ICRY-04-117          
M-720f ミンククジラ A 1     太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20050117 混獲(大型定置網) 死亡 4     DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。ICRY-05-012          
M-742 ザトウクジラ A 1 1   太平洋 宮崎 東臼杵郡門川町批榔島(ビロウジマ)付近 20050228 漂流 死亡 9.5 7000 詳細計測値あり。 DNA標本(日鯨研)、ヒゲ板・全身骨格(宮崎県総合博物館)、ヒゲ板・脂皮・筋・大小腸(宮崎市フェニックス自然動物園) 早朝発見。船舶航行に支障があるため門川漁協所属の漁船が門川漁港に曳航した。050302町が沖合の乙島に埋却。東臼杵農林振興局が調査。県総合博物館が090307より骨格標本展示。朝日/毎日050302、宮崎日日新聞050301、夕刊デイリー050228、読売090308。SICRY-005          
O-1669 ハナゴンドウ A 1     太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20050309 混獲(大型定置網) 死亡 3     DNA標本(日鯨研) 日鯨研DNA分析で種判定(050324後藤睦夫・及川宏之)          
O-3508f スジイルカ B 1 1   太平洋 宮崎 日南市伊比井伊比井海水浴場 20050323 漂着 生存→死亡 2.75   詳細計測値有り。 無し 地元住民が救助放流するが0324死亡漂着。市が埋却。          
O-3737f ハナゴンドウ B 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市知福川河口から南約1km 20050409 漂着 死亡 2.71   一部計測値有り。   11:00AM発見。調査後埋却。          
O-1689 ハナゴンドウ A 1     太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20050411 混獲(大型定置網) 死亡 3     DNA標本(日鯨研) 日鯨研DNA分析で種判定(050422後藤睦夫・及川宏之)          
M-760 ザトウクジラ A 1     太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20050416 混獲(大型定置網) 死亡 10     DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。夕刊デイリー050416。ICRY-05-045          
O-1791 コブハクジラ B 1   1 太平洋 宮崎 日南市平山 20050804 漂着 生存→死亡 4.3   詳細計測値あり。 全身骨格(宮崎県総合博物館) 9:00AM頃発見。10:00AMには死亡。海岸に埋却。          
M-816 ツノシマクジラ A 1   1 太平洋 宮崎 宮崎市新別府町一ッ葉入江 20050830 漂着 死亡 3.2   新生児 脂皮・筋・腎・右卵巣(国立科博)、脂皮・腎・筋(愛媛大)、骨格・ヒゲ板(宮崎県総合博物館)、DNA標本(日鯨研) 10:51AM発見。県水産政策課が埋却後050902国立科博、県総合博物館、フェニックス動物園、宮崎大、九大、県水試らが発掘調査。日鯨研でDNA種鑑定済み(後藤睦夫060524)。宮崎日日050831、西日本060421。SICRY-05-017          
M-917 ザトウクジラ A 1 1   太平洋 宮崎 南那珂郡南郷町地先 20060407 混獲(大型定置網) 死亡 10.23 13000   DNA標本(日鯨研) 14:00発見。省令に基づき販売。宮崎日日060408。ICRY-06-054          
O-1933 カズハゴンドウ A 1   1 太平洋 宮崎 宮崎市白浜 20060528 漂着 死亡 2.4     骨格標本 宮崎県水試が調査後埋却。20070929に骨格発掘。PJニュース091116          
O-1956 オガワコマッコウ B 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市木崎浜 20060608 漂着 死亡 1.78   詳細計測値あり。 宮崎大学 21:30発見。060609宮崎大学獣医学科で剖検。          
O-1975 オガワコマッコウ B 1     太平洋 宮崎 宮崎市青島こどものくに浜 20060629 漂着 生存→放流     ダルマザメ咬傷あり。   15:00発見。市農林水産課職員が救助放流したが、18:30頃再漂着し、サーファーらが救助放流した。          
O-1983 バンドウイルカ A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市青島こどものくに浜 20060718 漂着 生存→放流→死亡 2.32   ダルマザメ咬傷あり。詳細計測値あり。 国立科博 7:00AM発見、サーファーらが救助放流するが9:00AM頃木崎浜、11:50AM頃赤江浜と再漂着を繰り返し14:10頃死亡。県博、フェニックス動物園、宮崎市らが調査。16:30宮崎大学農学部へ搬送、060719宮崎大、国立科博、森満保らが病理解剖。          
M-1023f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 南那珂郡南郷町大島沖 20061219 混獲(大型定置網) 死亡 6.6 3000   DNA標本(日鯨研) 6:00AM発見。省令に基づき販売。ICRY-06-145          
M-1033f ミンククジラ A 1     太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20061224 混獲(大型定置網) 死亡 5     DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。ICRY-06-151          
M-1045f ミンククジラ A 1     太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20070125 混獲(大型定置網) 死亡 5     DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。ICRY-07-016          
M-1050f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 延岡市安井町難礁 20070203 混獲(大型定置網) 生存→死亡 4     DNA標本(日鯨研) 15:00発見。網外へ出そうとするが死亡。省令に基づき販売。ICRY-07-020          
O-2033 ハナゴンドウ A 1   1 太平洋 宮崎 宮崎市木崎浜 20070301 漂着 死亡 2.57   左肋骨骨折、左肺無気肺。詳細計測値有り。 骨格(宮崎県総合博物館) 8:30AM発見。宮崎大学農学部にて病理解剖。国立科博、熊本大、宮崎くじら研究会らが参加。          
O-2140 オガワコマッコウ A 1     太平洋 宮崎 延岡市緑ヶ丘長浜海岸 20070706 漂着 生存→放流     体長約2m。   8:00AM頃発見。市職員、県東臼杵農林振興局職員らが救助。再漂着を繰り返したが放流に成功した。宮崎日日070706/YOMIURI ONLINE 070707。          
O-2148 ユメゴンドウ A 1     太平洋 宮崎 宮崎市大字加江田知福川河口 20070708 漂着 死亡 2.3     骨格(宮崎県総合博物館) 18:00発見。調査後埋却。091115宮崎くじら研究会、宮崎県総合博物館が骨格発掘。O-2149と同時漂着(マスストランディング)の可能性あり。PJニュース091116          
O-2149 ユメゴンドウ A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市大字加江田知福川河口 20070709 漂着 死亡 2.3     骨格(宮崎県総合博物館) 8:00AM頃発見。県総合博物館、九大らが宮崎大学で剖検後埋却。091115宮崎くじら研究会、宮崎県総合博物館が骨格発掘。O-2148同時漂着(マスストランディング)の可能性あり。PJニュース091116          
M-1179f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 日向市細島地先 20071125 混獲(定置網) 死亡 5.5     DNA標本(日鯨研) 9:00AM発見。省令に基づき販売。ICRY-07-133          
M-1187f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20071206 混獲(大型定置網) 死亡 5.5     DNA標本(日鯨研) 9:00AM発見。省令に基づき販売。ICRY-07-141          
O-2417 マイルカ(ハセイルカ) A 1   1 太平洋 宮崎 延岡市安井町 20080218 混獲(定置網) 生存→飼育 1.78 61 推定年齢1-2歳   大分マリーンパレスが保護収容。080719から屋外水槽で公開。新聞情報(朝日080720)          
O-2593 ハナゴンドウ B 1   1 太平洋 宮崎 児湯(コユ)郡高鍋町堀の内宮田川河口南300m 20080316 漂着 死亡 2.4   詳細計測値あり(国立科博)              
O-2527 コブハクジラ B 1   1 太平洋 宮崎 延岡市浦城町 20081119 漂着 死亡 4.35     脂皮・筋(日鯨研、国立科博) 16:00頃発見。延岡市川島ごみ処分場に埋却後、081121九大、宮崎くじら研究会が発掘剖検。          
M-1343f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20081208 混獲(大型定置網) 生存→死亡 5.5     DNA標本(日鯨研) 12:00発見。網外へ出そうとするが死亡。省令に基づき販売。ICRY-08-119          
M-1383f ミンククジラ A 1 1   太平洋 宮崎 延岡市赤水町沖 20090123 混獲(大型定置網) 死亡 7     DNA標本(日鯨研) 9:30AM発見。省令に基づき販売。ICRY-09-020          
O-2570 ハナゴンドウ A 1 1   太平洋 宮崎 串間市大字大納(オオノ)恋ヶ浦 20090319 漂着 死亡 2.84       10:00AM発見。南那珂農林振興局が調査後、宮崎くじら研究会が回収。090320宮崎大学農学部獣医学科で同大医学部、県総合博物館、九州大、国立科博、宮崎くじら研究会らと剖検。          
O-2774 ハナゴンドウ A 1 1   太平洋 宮崎 児湯(コユ)郡高鍋町下永谷浜 20100303 漂着 死亡 2.1   削痩。詳細計測値有り。 DNA標本(日鯨研)、骨格(くじら研究会) 100305宮崎大学獣医病理学教室で剖検。日鯨研DNA分析で種確認(100604後藤睦夫)。宮崎日日100304          
RO-511 マイルカ(ハセイルカ) B 1     太平洋 宮崎 日向市幸脇サンパーク下浜 20100311 漂着 死亡 2   高度腐敗。   埋却後、宮崎くじら研究会が111130に発掘を試みたが発見できず。 337        
O-2836 マダライルカ A 1 1   太平洋 宮崎 児湯(コユ)郡高鍋町堀之内海岸 20100511 漂着 死亡 1.88   外傷無し。詳細計測値、剖検報告あり。 脂皮・筋(日鯨研) 9:30AM発見。宮崎大学で剖検。当初報告はハセイルカだったが日鯨研DNA分析と写真鑑定で種確認(100709後藤睦夫)。          
RO-510 コマッコウ B 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市赤江浜 20100615 漂着 死亡 3.3   高度腐敗。   埋却後、宮崎くじら研究会が111126に発掘を試みたが発見できず。 337        
O-2951 コビレゴンドウ A 1   1 太平洋 宮崎 日南市大堂津細田川河口 20100809 漂着 生存→死亡 3.6   剖検報告書有り。 脂皮・筋(日鯨研)、骨格(宮崎くじら研究会) 18:00頃発見。油津港湾事務所職員らが救助放流したが再漂着し翌100810朝までに死亡。同日宮崎大で剖検。YOMIURI ONLINE 100825。毎日/宮崎日日100811 337        
M-1871 ザトウクジラ A 1 1   太平洋 宮崎 日南市宮浦鵜戸海岸 20110226 漂着 死亡     体長約8m。   宮崎くじら研究会が調査。 337        
O-3157 スジイルカ A 1 1   太平洋 宮崎 日南市小吹井(コブケイ)海岸 20110314 漂着 死亡 2.45   詳細計測値有り。 脂皮・筋(国立科博・日鯨研) 17:00頃発見。宮崎くじら研究会らが宮崎大学で剖検。日鯨研DNA分析で種確認(110610後藤睦夫)。          
M-1717f ミンククジラ A 1     太平洋 宮崎 延岡市安井町難礁 20110416 混獲(大型定置網) 生存→死亡 3.5     DNA標本(日鯨研) 8:30AM発見。網外へ出そうとするが死亡。省令に基づき販売。ICRY-11-054          
M-1729f ミンククジラ A 1 1   太平洋 宮崎 日南市南郷町大島沖 20110428 混獲(大型定置網) 死亡 4.8 1000   DNA標本(日鯨研) 6:00AM発見。省令に基づき販売。ICRY-11-066          
M-1778 ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 日南市南郷町地先 20111031 混獲(大型定置網) 死亡 4.7 823   DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。ICRY-11-102          
O-3458 イチョウハクジラ A 1   1 太平洋 宮崎 日向市平岩 20111101 漂着 死亡 4.9     DNA標本(国立科博・日鯨研)、頭骨・上半身骨格(国立科博) 死体を切断後海洋投棄したが1104頭部他が再漂着したため埋却。1109に宮崎くじら研究会が発掘調査。日鯨研DNA分析で種鑑定、タイヘイヨウアカボウモドキから種名変更(111215後藤睦夫)。性別は文献337による。 337        
M-1781f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 延岡市安井町難礁 20111110 混獲(大型定置網) 死亡 5.3     DNA標本(日鯨研) 8:00AM発見。尾鰭付近に絡網の跡あり。省令に基づき販売。ICRY-11-104          
M-1830f ミンククジラ A 1     太平洋 宮崎 延岡市北浦町カリバエ付近 20120125 混獲(大型定置網) 死亡 5     DNA標本(日鯨研) 6:00AM発見。省令に基づき販売。ICRY-12-018          
O-3518 スジイルカ A 1   1 太平洋 宮崎 宮崎市内海フェニックス道の駅地先 20120126 漂着 死亡 2.1   死後約2日? 剖検報告書有り。 脂皮・筋(日鯨研) 120127宮崎大学に搬送、宮崎大・宮崎くじら研究会らが剖検。後頭部の裂傷が死因と推定。 337        
M-1831f ミンククジラ A 1   1 太平洋 宮崎 串間市地先 20120129 混獲(大型定置網) 死亡 4.7 1250   DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。ICRY-12-019          
M-1896f ミンククジラ A 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市青島地先 20120604 混獲(小型定置網) 死亡 4.3     DNA標本(日鯨研) 省令に基づき販売。ICRY-12-074          
O-3679 オガワコマッコウ B 1   1 太平洋 宮崎 宮崎市青島こどものくに浜 20120622 漂着 死亡 1.845   詳細計測値あり。 脂皮・筋・肝・腎(国立科博・宮崎大・宮崎県総合博物館)、脂皮(日鯨研)、骨格(宮崎県総合博物館) 13:00頃サーファーが発見。宮崎くじら研究会らが回収し宮崎大獣医学科で剖検後、エコプラザで焼却。          
O-3680 オガワコマッコウ B 1 1   太平洋 宮崎 宮崎市青島こどものくに浜 20120626 漂着 死亡 2.085   詳細計測値あり。 脂皮・筋(日鯨研) 21:00頃発見。翌27日宮崎くじら研究会が回収し宮崎大獣医学科で剖検。          
O-3681 コビレゴンドウ C 1     太平洋 宮崎 宮崎市宮崎港 20120706 港内迷入 生存         午後発見。種名は報道による。          
O-3686 オガワコマッコウ A 3   1 太平洋 宮崎 宮崎市青島海水浴場 20120718 マス・ストランディング 生存→放流     最大体長約2.2m。子供(♀)含む。   サーファーらが救助活動を行い放流。報道ではコマッコウ。日テレnews24(120718)          
M-1926 ザトウクジラ A 1   1 太平洋 宮崎 日南市宮浦南1km 20121212 混獲(定置網) 死亡 7.5 3400 体重は推定 脂皮・筋(国立科博、日鯨研) 7:30AM発見。宮浦漁港に曳航したが死後時間経過しているため埋却。宮崎日日121212web/NHK121213。