番号 著者 表題 雑誌名 巻号数 ページ数 備考
1 本間義治 1990a 新潟・佐渡沿岸における大型海産動物の漂着記録再調 新潟大学理学部付属臨海実験所特別報告 5    
2 西脇昌治 1969 大阪湾で捕獲されたホッキョククジラ(北極鯨) 鯨研通信 219/220 1-8  
3 山本康夫・蛭田密 1977 迷いこんだセミクジラ 海の横丁 9 2-3 下田海中公園水族館
4 野澤巌 1990 ミンククジラの漂着 マリンスノー 12 4 青森県営浅虫水族館報
5 岡本勇次 1986 富山湾でクジラの捕獲が相次ぐ 水産海洋研究会報 (50)2 190-191  
6 若林郁夫 1990 三重県周辺で確認された海産哺乳類 三重動物学会会報 13 42-52  
7 Nishiwaki M. and Kasuya T. 1970 Recent record of gray whale in the adjacent waters of Japan and a consideration on its migration. Sci.Rep.Whales Res.Inst. 22 29-37  
8 Furuta M. 1984 Note on a gray whale found in the Ise Bay on the coast of Japan. Sci.Rep.Whales Res.Inst. 35 195-197  
9 Miyazaki N. and Nakayama K. 1989 Records of cetaceans in the waters of the Amami Islands.  Mem.Natn.Sci.Mus.,Tokyo. 22 235-249 国立科学博物館専報
11 Tobayama T. Yanagisawa F. and Kasuya T.    1992 Incidental take of minke whales in Japanese trap nets. Rep.Int.Whal.Commn. 42 433-436  
12 池原宏二・伊藤年成・箕輪一博・中村幸弘 1990 新潟県下に漂着した海産哺乳類 鯨研通信 378 1-15  
13 山田和彦・礒貝高弘 1992 三浦半島周辺における鯨類のストランディングレコード 京急油壷マリンパーク水族館年報 16 24-28  
14 鴨川シーワールド 1992 海獣類の漂着記録 鴨川シーワールド報告 業績集1970-1991 1 347-349  
15 奈須敬二 1974 薩摩半島に揚ったザトウクジラの話 鯨研通信 275 54-57  
16 Kimura S. and Nemoto T. 1956 Note on a minke whale kept alive in aquarium. Sci.Rep.Whales Res.Inst. 11 181-189  
17 Omura H. and Kasuya T. 1979 A skull of baleen whale dredged from the inland sea of Japan. Sci.Rep.Whales Res.Inst. 31 85-92  
18 坂井恵一 1993 金沢水族館で確認した漂着鯨類と骨格標本の作成について 日本海セトロジ-研究 3 5-8 日本海セトロジー
19 長澤一雄 1993 山形県酒田市沖海底産のコイワシクジラの頭蓋について 日本海セトロジ-研究 3 31-36 日本海セトロジー
20 森満保 1991 イルカの集団自殺     177pp 金原出版
21 箕輪一博 1988 柏崎沿岸で採捕された珍稀生物 柏崎市立博物館館報 3 63-84  
22 盛口満 1987 海岸漂流物 飯能博物誌  76   学校法人自由の森学園理科通信
24 柳沢践夫 1986 那智勝浦町浜ノ宮海岸に打ち揚ったオガワコマッコウ 南紀生物 28(1) 22  
25 斎藤豊 1985 イシイルカの7日間 能登の海からのたより 3 4 のとじま臨海公園水族館報
26 Nishiwaki et al. 1972 Further comments on Mesoplodon ginkgodens Sci.Rep.Whales Res.Inst. 24 43-56  
27 池原宏二・清水栄一・檜山義明・伊藤年成・小川忠雄・神谷敏郎 1985 新潟海岸に打ち上げられた歯鯨メソプロドンについて 昭和60年度日本水産学会春期大会講演要旨集   98 演題404
28 加増啓二 1990 今は昔、千住の捕鯨譚 足立史談 273 1 足立区教育委員会発行
29 稲垣芳雄・西崎茂・谷口勝則・鳥羽山照夫 1981 シロイルカの搬入報告 動物園水族館雑誌 23(1) 27 水族館技術者研究会海獣部会第6回研究会発表抄録集
30 柳沢践夫 1977 串本町に打ち揚げられたアカボウクジラ 南紀生物 19(1) 20  
31 宮崎信之 1986 海産哺乳動物 遺伝 40(2) 49-55  
32 斎藤豊 1984 コマッコウの漂着 能登の海からのたより 1 4 のとじま臨海公園水族館報
33 江渡唯信 1985 大型魚類・哺乳動物の漂着に想う 能登の海からのたより 3 8 のとじま臨海公園水族館報
34 池口潮 1987 カマイルカのその後 能登の海からのたより 13 3 のとじま臨海公園水族館報
35 斎藤豊 1992 のとじま水族館における鯨類の漂着及び入網の記録2 日本海セトロジ-研究 2 19 日本海セトロジー
36 Miyazaki et al. 1987a Growth and skull morphology of the harbour porpoises in the Japanese waters. Mem.Natn.Sci.Mus.,Tokyo. 20 137-146 国立科学博物館専報
37 稲木明浩 1992 福井県沿岸における鯨類の漂着及び入網の記録T 日本海セトロジ-研究 2 31 日本海セトロジー
38 佐伯 1982 竹岡で捕えたイチョウハクジラ さかまた 20 6 鴨川シーワールド 発行
39 佐伯 1983 富山町岩井で捕れたカマイルカ さかまた 21 6 鴨川シーワールド 発行
40 鴨川シーワールド 1984 鴨川シーワールドニュース さかまた 23 7 鴨川シーワールド 発行
41 鴨川シーワールド 1985 鴨川シーワールドニュース さかまた 25 7 鴨川シーワールド 発行
42 桐畑 1986 保護されたコマッコウ さかまた 27 6 鴨川シーワールド 発行
43 鴨川シーワールド 1987 鴨川シーワールドニュース さかまた 29 7 鴨川シーワールド 発行
44 鴨川シーワールド 1988 鴨川シーワールドニュース さかまた 31 7 鴨川シーワールド 発行
45 金原 1989 華麗なハイジャンパー さかまた 33 2 鴨川シーワールド 発行
46 中島将行 1984 メソプロドン、海に漂う 鯨研通信 356 94-100 日本鯨類研究所
47 中島将行・倉田洋二 1960 伊豆大島にあがったアカボウクジラ 鯨研通信 110 7-11  
48 中島将行 1963 スナメリの迷子 鯨研通信 147 1-4  
49 正木康昭 1980 駿河湾で捕獲されたスナメリについて 鯨研通信 335 35-40  
50 白木原国雄・白木原美紀 1986 下関のコマッコウ騒動 鯨研通信 361 19-20  
51 大村秀雄 1986 続・コマッコウ 鯨研通信 361 20-22  
52 藤井文夫 1978 定置網に入ったオキゴンドウ 海の横丁 10 2-3 下田海中水族館報
53 下田海中水族館 1986 飼育日誌より(1983年1月〜1986年6月) 海の横丁 16 9-14 下田海中水族館報
54 栗田雅紀 1987 定置網に入ったハナゴンドウ 海の横丁 17 2 下田海中水族館報
55 荻原宗一 1987 迷いこんだアラリイルカ 海の横丁 17 3 下田海中水族館報
56 里見武義 1990 イルカの話題 海の横丁 19 10 下田海中水族館報1988ー1990
57 岩川貴久夫 1986 知多半島周辺の鯨類の漂着、入網例 エコロケーション 6(4) 3 南知多生物研究会報
58 重井明男・杉山重実・長谷川修平 1983 珍客”スナメリ”飼育記 エコロケーション 3(4) 5-6 南知多生物研究会報
59 長谷川修平 1984 漂着したハナゴンドウの幼鯨 エコロケーション 4(4) 5 南知多生物研究会報
60 岩川貴久夫 1987 シワハイルカの入網例 エコロケーション 8(2) 1 南知多生物研究会報
61 長谷川修平 1983 カマイルカの輸送と飼育 エコロケーション 3(4) 7 南知多生物研究会報
62 岩川貴久夫 1988 スナメリの骨格標本プレゼント エコロケーション 8(4) 6 南知多生物研究会報
63 浅井康行・岩川貴久夫 1989 漂着したマッコウクジラ(上) エコロケーション 10(2) 1-2 南知多生物研究会報
64 岩川貴久夫 1990 知多半島周辺の鯨類の漂着、入網例(2) エコロケーション 11(2) 6 南知多生物研究会報
65 古賀隆弘 1987 カマイルカが搬入される! マリンスノー 6 4 青森県営浅虫水族館報
66 古賀隆弘 1989b クジラ、座礁する マリンスノー 10 4 青森県営浅虫水族館報
67 呉羽和男 1975 スナメリの赤ちゃんの死 山のうえの魚たち 14 6 姫路市立水族館報
68 中島東夫 1984 紀伊半島の自然史-6- 「手で見る」スナメリ 自然博物館だより 2(2) 4 和歌山県立自然博物館 発行
69 Tobayama et al. 1973 Records of the Fraser's Sarawak dolphin in the western North Pacific.  Sci.Rep.Whales Res.Inst. 25 251-263  
70 魚津水族館 1990 10年間のあゆみ(年表) 魚津水族館年報 1 7-11  
71 Nishiwaki M. 1962 Mesoplodon bowdoini stranded at Akita beach, Sea of Japan. Sci.Rep.Whales Res.Inst. 16 61-77  
72 海洋博覧会記念公園管理財団 1990 水族館等展示用小型歯鯨類調査報告書(U) 国営沖縄記念公園水族館報告U調査研究報告集 2 266-298  
73 Omura H. and Takahashi Y. 1981 A pigmy sperm whale stranded at Tokaimura, Ibaragi, Japan. Sci.Rep.Whales Res.Inst. 33 119-124  
74 本多厚二 1928 千葉縣津田沼にて捕りたる齒鯨に就きて 動物學雜誌 40 504-505  
75 Hirasaka K. 1936 A pigmy sperm-whale (in Japanese with English synopsis).  動物學雜誌 48 72-74 文献(73)からの孫引き
76 Miyazaki et al. 1991 Pacific white-sided dolphins off Northern Hokkaido. Mem.Natn.Sci.Mus.,Tokyo. 24 131-139 国立科学博物館専報
77 Miyazaki et al. 1986 Two stranding records of Dall's porpoises on the coast of Joetsu, Niigata Prefecture. Mem.Natn.Sci.Mus.,Tokyo. 19 193-202 国立科学博物館専報
78 古賀隆弘 1988 青森県で確認された鯨類 マリンスノー 8 6 青森県営浅虫水族館報
79 田坂宗一 1982 いるかの長距離輸送 海の横丁 14 2-3 下田海中水族館報
80 水澤六郎 1982 県内の沿岸で採捕された珍稀生物 水産にいがた 196 9  
81 内田詮三 1994 沖縄近海の鯨類 ピトウと名護人   75-118 名護博物館開館10周年記念企画展J、152pp.
82 神谷敏郎 1984 オオギハクジラとカワイルカ 鯨研通信 356 89-93 日本鯨類研究所
83 釧路市動物園 1990 ゴマフアザラシ3頭の移動 ふれあい 34 9 釧路市動物園協会
84 蛭田密 1993 福岡県沿岸における鯨類の漂着・迷入・ストランディングについて(1987〜1991) 日本海セトロジ-研究 3 9-12 日本海セトロジー
85 西脇功一・山田格・本間義治 1993 新潟市近辺に漂着したMesoplodonについて 日本海セトロジ-研究 3 13-18 日本海セトロジー
86 千葉県立安房博物館 1993 平成5年度特別展 鯨の文化誌 千葉県立安房博物館報 56 2-3 銚子市川口神社絵馬の記録による。詳細情報は同館小島孝夫氏より貰う。
87 小野博之・木村方一 1990 北桧山町海岸産Mesoplodon属の頭蓋骨の比較研究 春日井昭教授退官記念論文集   115-135  
88 Nishimura S. 1970 Recent records of Baird's beaked whale in the Japan Sea. Publ.Seto Mar.Biol.Lab. 18(1) 61-68  
96 青森県営浅虫水族館 1985a 浅虫水族館日誌抄録 マリンスノー 1 12 青森県営浅虫水族館報
104 日和山遊園 1991 海産哺乳類の漂着について       日本動物園水族館協会水族館技術者研究会海獣部会宿題調査1990年度
105 日本海セトロジー研究グループ 1991 日本海産鯨類リスト(化石種を含む)1960-1990 日本海セトロジ-研究 1 16-19 日本海セトロジー研究グループ資料:第3版
106 本間義治・三浦啓作 1993 "佐渡日報"(大正年代)に見られる大型動物の漂泳漂着 日本海セトロジ-研究 3 27-30 日本海セトロジー
107 Nishiwaki M. and Kamiya T. 1958 A beaked whale Mesoplodon stranded at Oiso beach, Japan. Sci.Rep.Whales Res.Inst. 13 53-83  
108 Ogawa T. 1938 Studien uber die Zahnwhale in Japan, insbesondere uber vier bei uns bisher unbekannten Gattungen Tursiops, Steno, Pseudorca und Mesoplodon. Arb.Anat.Inst.Kaiserl.Japan.Univ.Sendai. 21 173-218 文献(107)からの孫引き
109 山田格 1993 漂着クジラデータベースの概要 日本海セトロジ-研究 3 43-65 日本海セトロジー
110 Miyazaki N. 1986 Catalogue of marine mammal specimens.       文献(109)からの孫引き
112 水産庁沿岸課 1993 平成3年度小型鯨類等の混獲等の実態       平成4年度第1回セーブ・ザ・マリンマンマル検討会資料
113 佐々木洋子 1993 日刊福井 女のひとりごと     138pp 新聞連載他関連記事を集録して自費出版。
114 本間義治 1981 寄鯨と鯨霊塔 蒲原 61 24-40 文献(105)からの孫引き
115 水澤六郎 1977 県内の沿岸で採捕された珍稀生物 水産にいがた 132 9  
116 盛口満 1988 私家版日本動物記6 鯨類 飯能博物誌  172   学校法人自由の森学園理科通信
117 Miyazaki N. 1980 Catch records of cetaceans off the coast of the Kii peninsula. Mem.Natn.Sci.Mus.,Tokyo. 13 69-82 国立科学博物館専報
118 斎藤豊 1986 カマイルカも仲間入り 能登の海からのたより 6 3 のとじま臨海公園水族館報
119 斎藤豊 1989a 鯨類の漂着事例 能登の海からのたより 18 3 のとじま臨海公園水族館報
120 Miyazaki et al. 1987b A stranding of Mesoplodon stejnegeri in the Maizuru Bay, Sea of Japan. Sci.Rep.Whales Res.Inst. 38 91-105  
122 柏原正尚 1993 八重山群島における鯨類の漂着(1)オガワコマッコウ エコロケーション 13(3) 1-2 南知多生物研究会報
124 津田英治 1994 播磨灘にサメ出現!? 山のうえの魚たち 24 7 姫路市立水族館報
125 西脇昌治 1965 鯨類・鰭脚類     439pp 東京大学出版会
126 片岡照男 1975 伊良湖「怪獣漂着」顛末記 フィッシュマガジン 10 86-87 文献(6)からの孫引き
127 富田靖男 1979 三重県の哺乳動物相 自然科学 1 58-60 三重県立博物館研究報告
128 古賀隆弘 1989a ネズミイルカの体長と体重の変化について マリンスノー 10 1-2 青森県営浅虫水族館報
129 山形県水産事務所 1968   広報水産 11    
130 日本動物園水族館協会 1984   月報 3   文献(46)からの孫引き
134 山田格・相澤幸夫・穂刈厚一・斎藤玲子・中村幸弘 1992 新潟県能生町に漂着したMesoplodon 日本海セトロジ-研究 2 33-38 日本海セトロジー
135 Honma et al. 1992 Histological observations on some internal organs of the harbor porpoise stranded on the Niigata coast, Sea of Japan. Rep.Sado.Mar.Biol.Stat.,Niigata Univ. 22 1-12  
136 斎藤豊 1990a その後の鯨類の漂着 能登の海からのたより 21 4 のとじま臨海公園水族館報
137 斎藤豊 1991 イシイルカの胎児 能登の海からのたより 23 9 のとじま臨海公園水族館報
138 中島将行・香山薫 1990 伊豆の海岸にあがったアカボウクジラの腸長、腸径及び腸壁の厚さについて 動物園水族館雑誌 32(2) 42-49  
139 斎藤豊 1990b 漂着・くじら2例 能登の海からのたより 20 8 のとじま臨海公園水族館報
140 中島将行 1990 焼津の定置網に入ったメソプロドン 鯨研通信 379 1-4  
141 斎藤豊 1989b メソプロドン属 幼体の漂着 能登の海からのたより 19 6 のとじま臨海公園水族館報
142 中島 1989 カマイルカの保護 Enoshima Aquarium News 4 3 江ノ島水族館 発行
143 児玉公道・川井克司・岡本圭史 1992 富山湾高岡市松太枝浜に漂着したイシイルカ 日本海セトロジ-研究 2 21-28 日本海セトロジー
144 田名瀬英朋・池田久和 1986 白浜町に打ち揚げられたイシイルカ 南紀生物 28(1) 16  
145 惣路紀通・江田神司・坂本明弘・坂口誠 1989 瀬戸内海から得られたマイルカ 倉敷市立自然史博物館研究報告 4 23-26  
146 山田格 1992 海に還った哺乳類 新潟の生物誌−海から山まで− 4 35-56 平成4年度新潟大学放送公開講座
147 菅沼弘行 1990 ストランディング・レコード イン 小笠原 Megaptera 1 3 小笠原ホエールウォッチング協会 発行
148 斎藤豊 1988 マイルカの漂着2例 能登の海からのたより 14 2 のとじま臨海公園水族館報
149 中島東夫 1988 スジイルカの単独上陸 自然博物館だより 6(1) 5 和歌山県立自然博物館 発行
150 白木原美紀・薮本美孝・岡崎美彦・白木原国雄 1987 福岡市室見川河口に漂着したオガワコマッコウ 鯨研通信 370 101-104  
151 菅沼弘行 1986 マッコウクジラの漂着−小笠原諸島父島 鯨研通信 365 58-59  
152 桶田俊郎 1992 ミンククジラの漂着 能登の海からのたより 24 6 のとじま臨海公園水族館報
155 笠松不二男・宮下富夫 1991 鯨とイルカのフィールドガイド     148pp 東京大学出版会
156 Nishimura S. and Nishiwaki M. 1964 Records of the beaked whale Mesoplodon from the Japan Sea. Publ.Seto Mar.Biol.Lab. 12(4) 323-334  
157 Nakajima M. and Nishiwaki M. 1965 The first occurrence of a porpoise (Electra electra) in Japan. Sci.Rep.Whales Res.Inst. 19 91-104  
158 鹿島町史刊行委員会 1981 鹿島町史   3 711 鹿島町 発行、759pp.
159 原田博樹・蛭田密 1995 宮崎県児湯郡高鍋町にストランディングしたオガワコマッコウについて 日本海セトロジー研究 5 1-3 日本海セトロジー研究グループ
160 森恭一 1993 1935年から1992年に駿河湾に漂着した鯨類の記録 Bull.Inst.Oceanic Res.& Develop.,Tokai Univ. 14 135-141 東海大学海洋研究所研究報告
161 黒田長禮 1940 駿河湾の鯨目に就いて 植物及動物 8(5) 725-834 文献(160)からの孫引き
162 久保田正 1981 大型動物の海岸への漂着 海のはくぶつかん 11(3) 4-6 東海大学海洋科学博物館 発行
164 Miyazaki N. and Nishiwaki M. 1978 A stranding record of the Cuvier's beaked whale. Bull.Sci.& Eng.Div.,Univ.Ryukyus,(Math.& Nat.Sci) 25 33-38 琉球大学理工学部紀要理学編
165 江川和文 1986 有田市沿岸に漂着したスナメリ 南紀生物 28 130  
166 樽野博幸 1990 ナガスクジラ大阪湾に漂着 Nature Study 36(6) 64-68 大阪市立自然史博物館 発行
167 山口真名美 1991 ストランディング・レコード・イン小笠原U Megaptera 4 3 小笠原ホエールウォッチング協会 発行
168 中村一恵・神谷敏郎・宮内敏哉・松島義章 1994a 日本の最北端に漂着したオウギハクジラについて Bull.Kanagawa prefect.Mus.(Nat.Sci.) 23 13-28  
169 Honma H. 1994 Histological studies on the ovaries of beaked whale,Mesoplodon stejnegeri,stranded on the coast of Niigata district,Sea of Japan. Rep.Sado.Mar.Biol.Stat.,Niigata Univ. 24 1-10  
170 田名瀬英朋 1992 和歌山県白浜町に漂着したハナゴンドウ 瀬戸臨海実験所年報 6 27-28  
171 Morimitsu et al. 1992 Histopathology of eighth cranial nerve of mass stranded dolphins at Goto Islands,Japan. Journal of wildlife diseases 28(4) 656-658  
172 水澤六郎 1989a 県内の沿岸で採捕された珍稀生物 水産にいがた 272 9  
173 水澤六郎・箕輪一博 1989b 県内の沿岸で採捕された珍稀生物 水産にいがた 274 5  
174 水澤六郎 1989c 県内の沿岸で採捕された珍稀生物 水産にいがた 275 18  
175 中島将行・山田二郎・藤巻康年・前嶋謙次・大野豊・古田彰 1994 伊豆・三津の水族館で保護された4頭目のミンククジラT.飼育経過 動物園水族館雑誌 35(3) 79-83  
176 日高町 1977 日高町誌(下)     343 1329pp.
177 本間義治 1994a 柏崎の海で見られる珍希生物 珍希生物   30-54 柏崎市立博物館特別展[柏崎の海、珍希生物展]54pp.
178 箕輪一博 1994 柏崎の沿岸で採捕された珍希生物年表 珍希生物   41-49 柏崎市立博物館特別展[柏崎の海、珍希生物展]54pp.
179 日本海セトロジー 1994 委員会だより 漂着記録調査専門委員会 セトケンニューズレター 2 4  
180 国本昭二 1994 関野鼻メソプロドン セトケンニューズレター 3 4  
181 本間義治 1994b 大型動物漂着物語 セトケンニューズレター 3 1  
183 中川元 1985 漂着物あれこれ 博物館のひろば 24 2 広報しゃり第497号付録,斜里町立知床博物館発行
184 ホエルコ事務局 1995 クジラと定置網 Whalco 17 6  
185 法花正志 1995 保護されたネズミイルカ さかまた 45 6 鴨川シーワールド 発行
186 中村一恵・山口佳秀・平田寛重・浜口哲一 1994b 神奈川県沿岸産海棲哺乳類目録 神奈川自然誌資料 16 1-9  
187 本間義治・青柳彰・中村幸弘 1995 1993年5月から1994年5月の間に得られた新潟県内における鯨類の漂着・採集・目撃記録 日本海セトロジ-研究 5 23-26  
188 進藤順治・大和淳 1995 新潟県上越市に漂着したオオギハクジラの病理所見 日本海セトロジ-研究 5 27-29  
189 山田格・窪寺慎己・中村幸弘・天野雅男・鈴木倫明・進藤順治 1995 漂着したオウギハクジラの胃内容物について 日本海セトロジ-研究 5 31-36  
190 萩原宗一 1995 コマッコウの一種保護 海の横丁 24 5 下田海中公園水族館
191 Shirakihara M. Shirakihara K. Takemura A. 1992 Records of the Finless Porpoise in the Waters Adjacent to Kanmon Pass,Japan. Marine Mammal Science 8(1) 82-85  
195 駒場昌幸 1996 豊橋に打ち上げられたオガワコマッコウ(1) エコロケーション 52 1-4 南知多生物研究会報
196 林与志弘 1995 インフォメーション インフォメーション 7 20 Vol.11より[海のまんまる]と改名。
197 林与志弘 1996a 海のまんまる/Information of Marine Mammals 海のまんまる/Information of Marine Mammals 11 2  
199 林与志弘 1996b 海のまんまる/Information of Marine Mammals 海のまんまる/Information of Marine Mammals 12    
200 鴨川シーワールド 1994 鴨川シーワールドニュース さかまた 44 7 鴨川シーワールド 発行
201 竹内彰 19?? [クジラ学校覚え書き]       上下浜小学校教諭による資料
202 鴨川シーワールド 1996a 鴨川シーワールドニュース さかまた 47 7 鴨川シーワールド 発行
205 宇仁義和 1996 斜里沿岸のクジラ類 博物館のひろば 60   斜里町立知床博物館発行
206 佐藤立治 1996 寒月とともにきた珍客、八戸港のセミイルカ達 マリンスノー 17 3 青森県営浅虫水族館報
207 進藤直作 1968 瀬戸内海の鯨の研究     135pp 神戸市医師協同組合
208 森恭一 1996 ストランディング・レコードin小笠原 X メガプテラ 19 2 小笠原ホエールウォッチング協会
209 鴨川シーワールド 1996b 鴨川シーワールドニュース さかまた 48 7 鴨川シーワールド 発行
210 古田正美 1994 三重の生物 日本生物教育会第49回全国大会三重大会記念誌   289-292 三重生物教育会発行
211 石井忠 1986 漂着物辞典 海からのメッセ−ジ     261pp 海鳥社
212 林与志弘 1997 海のまんまる/Information of Marine Mammals 海のまんまる/Information of Marine Mammals 21 11  
213 水沢六郎 1997 新潟県沿岸で採捕された珍稀生物 水産にいがた 347 10  
214 Terasawa F.Yamagami T. Kitamura M. and Fujimoto A. 1997 A pigmy killer whale (Feresa attenuata) stranded at Sagami Bay, Japan Aquatic Mammals 23(1) 69-72  
215 中島将行・徳武浩司・大津大・古田彰・町田健二・藤巻康年 1997 湾内迷入のマイルカ(主として形態学的検討) 動物園水族館雑誌 38(4) 108-119  
216 碧南海浜水族館 1996 マリンドリーム・ダイアリー マリンドリ-ム 21 6 碧南海浜水族館、碧南市青少年海の科学館編集委員会発行
217 山田格 1997 日本沿岸地域への鯨類漂着の状況−特にオウギハクジラについて− 国際海洋生物研究所報告 7 9-19  
219 水沢六郎・箕輪一博 1998 新潟県沿岸で採捕された珍稀生物 水産にいがた 357 10  
221 永田光浩 1997 フェリ−埠頭へ迷いこんだクジラ マリンスノ- 18 3 青森県営浅虫水族館報
222 鴨川シーワールド 1997 イルカらしいイルカ[マイルカ] さかまた 49 8 鴨川シーワールド 発行
223 萩原宗一 1997 カズハゴンドウ漂着 海の横丁 26 7 下田海中水族館報
224 本間義治 1996 1994年4月以降に得られた新潟県内における鯨類の目撃・漂着記録 日本海セトロジ-研究 6 7-13 日本海セトロジー
225 日本海セトロジ-研究会 1998 日本海の鯨Bオウギハクジラ金沢市の金石海岸に漂着 セトケンニュ-ズレタ- 12 1 日本海セトロジー
226 坂井恵一 1998 ハンドウイルカの漂着 能登の海中林 9 7 のと海洋ふれあいセンタ−だより
227 知床博物館 1998 斜里海岸のストランディングレコ-ド 知床の海獣狩猟   34 知床博物館第20回特別展
228 須磨海浜水族園 1998 水族園トピックス うみと水ぞく 17(2) 4 神戸市立須磨海浜水族園
232 広尾町 1997 広尾町にクジラが漂着 広報ひろの 386 24 広野町企画調整課 発行
233 野馬追の里原町市立博物館 1998 双葉郡広尾町に漂着したマッコウクジラ 海の住人クジラ   46 野馬追の里原町市立博物館企画展図録第8集
234 長澤一雄/山田格 1997 山形県温海町漂着オウギハクジラ属Mesoplodonの頭蓋にもとづく分類の再検討 日本海セトロジ-研究 7 27-36 日本海セトロジー
235 Uchida K. Muranaka M. Horii Y. Murakami N. Yamaguchi R. and Tateyama S. 1999 Non-Purulent Meningoencephalomyelitis of a Pacific Striped Dolphin. J.Vet.Med.Sci. 61(2) 159-162 日本獣医学雑誌
236 Miyazaki N. Fujise Y. and Iwata K. 1998 Biological Analysis of Mass Stranding of Melon-headed Whales at Aoshima, Japan Bull.Natn.Sci.Mus.,Tokyo,Ser.A 24(1) 31-60 国立科学博物館
237 浜口哲一 1997 渚の博物誌 漂着物ものがたり ブックレットかながわ5 5   神奈川新聞社
238 内田詮三・神谷敏郎 1996 コブハクジラ 日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料 3 328-333 日本水産資源保護協会
239 Nishiwaki M.and Kamiya T. 1959 Mesoplodon stejnegeri from the coast of Japan Sci.Rep.Whales Res.Inst. 14 35-48 鯨類研究所
240 中島将行・神谷敏郎 1997 ハッブスオウギハクジラ 日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料 4 385-389 日本水産資源保護協会
241 桶田俊郎 1999a のとじま臨海公園水族館における鯨類の漂着及び入網の記録V 日本海セトロジ-研究会第10回大会発表要旨集   7-8 日本海セトロジ-研究グル-プ
243 松岡哲也・桶田俊郎・加藤雅文・小松由章 1999 定置網に入網したカマイルカの搬入について 日本海セトロジ-研究会第10回大会発表要旨集   22 日本海セトロジ-研究グル-プ
244 島田章則・石川純代・佐藤雅彦 1999 鯨類の肺・肺門リンパ節に認められた炭粉沈着症の意義 日本海セトロジ-研究会第10回大会発表要旨集   27 日本海セトロジ-研究グル-プ
245 蛭田密・中村雅之・槙野宏保・宮地勝美・高司哲也・藤丸郁・上野成人・木下克利・濱野真・岩田陽子・梅津令子・工藤鋭 1998 福岡県沿岸における鯨類の漂着・迷入・混獲について(1992年〜1996年) 日本海セトロジ-研究 8 7-10 日本海セトロジ-研究グル-プ
246 山田格 1998 1996年春のメソプロドン漂着 日本海セトロジ-研究 8 11-14 日本海セトロジ-研究グル-プ
247 桶田俊郎 1999b 日本海の鯨Eミンククジラ セトケンニュ-ズレタ- 15 1 日本海セトロジ-研究グル-プ
248 国本昭二 1999 オウギハクジラ解剖劇 セトケンニュ-ズレタ- 15 6 日本海セトロジ-研究グル-プ
249 Honma H. Ushiki T. Takeda M. and Yamada K.  1999 Histological Studies on the Ovaries of Three Pacific White-sided Dolphins, Lagenorhynchus obliquidens, Stranded on the Coast of Niigata District, Sea of Japan. 日本海セトロジ-研究 (Nihonkai Cetology) 9 7-14 日本海セトロジ-研究会
250 吉田征紀 1994 鹿島灘で認められた海獣類 動物園水族館雑誌 36 24-31 日本動物園水族館協会
251 下吉晴 2000 日本海の鯨Fハナゴンドウ セトケンニュ-ズレタ- 16 1 日本海セトロジ-研究会
253 筒井繁行・古谷忠雄・宮崎信之 2000 噴火湾におけるカマイルカの体色異常 平成12年度日本水産学会春季大会講演要旨集   74 講演番号513
261 箕輪一博・中村幸弘・青柳彰・進藤順治・本間義治・古川原芳明 2000 主として1998年6月以降に得られた新潟県沿岸・沖合における鯨類等の目撃・漂着記録 日本海セトロジ-研究 (Nihonkai Cetology) 10 1-4 日本海セトロジ-研究会
262 長澤一雄・山田格・倉持利明・天野雅男・田島木綿子・荻野みちる・進藤順治・新井上巳・大場總 2000 山形県において1998-1999年に記録された漂着鯨類 日本海セトロジ-研究 (Nihonkai Cetology) 10 5-10 日本海セトロジ-研究会
263 松岡哲也・桶田俊郎・加藤雅文・小松由章 2000 定置網に入網したカマイルカの搬入について 日本海セトロジ-研究 (Nihonkai Cetology) 10 49-50 日本海セトロジ-研究会
264 国本昭二 2000 日本海の鯨Hオウギハクジラ能登半島福浦港に セトケンニュ-ズレタ- 18 1 日本海セトロジ-研究会
265 Morimitsu T. Nagai T. Ide M. Ishii A Kono M. 1986 Parasitogenic Octavus Neuropathy as a Cause of Mass Stranding of Odontoceti J. Parasit. 72(3) 469-472  
266 宇仁義和 2001 漂着クジラ急増中! 博物館のひろば 78 1-2 斜里町立知床博物館
267 福田友之 1998 本州北辺の鯨類出土遺跡 青森県史研究 2 89-108 青森県統計協会
268 箕輪一博・本間義治・中村幸弘 2001 柏崎地方における海生哺乳類の目撃ならびに漂着・保護記録 柏崎市立博物館館報 15 59-68  
269 国本昭二 1999 日本海の鯨C新潟・西山町石地海岸に漂着メソプロドン属オウギハクジラ セトケンニュ-ズレタ- 13 1 日本海セトロジ-研究会
270 国本昭二 1994 メソプロドンを食う セトケンニュ-ズレタ- 2 3 日本海セトロジ-研究会
271 石井忠 1979 漂着漂流物事典15 イルカ 採集と飼育 41(6) 325 (財)日本科学協会
272 若林郁夫 2000 海の生き物たちに出会いたくて 29 シャチ SUPER AQUARIUM 34 9 鳥羽水族館
273 吉松定昭 1995a 漁業史こぼれ話@ 普及だより 145   香川県水産試験場
275 斎藤豊 1999 能登に来遊したクジラ類 能登の海からのたより 39 4-5 のとじま臨海公園水族館報
276 斎藤豊 2000 能登に来遊したクジラ類U 能登の海からのたより 40 4-5 のとじま臨海公園水族館報
277 進藤順治・中村幸弘・箕輪一博・青柳彰・北見健彦・石見喜一・鶴田教明・本間義治 2002 1999年6月〜2001年5月の間に得られた新潟県沿岸における海生哺乳類の漂着・目撃記録 日本海セトロジ-研究 (Nihonkai Cetology) 12 5-8 日本海セトロジ-研究会
278 高橋勲 2002 のとじま臨海公園水族館における鯨類の漂着・迷入及び入網の記録 W 日本海セトロジ-研究 (Nihonkai Cetology) 12 33-34 日本海セトロジ-研究会
279 中田淳 1987 道東太平洋近海で漁獲されたアカボウクジラ 鯨研通信 366 67-68 (財)日本鯨類研究所
281 永田光浩 1985 ネズミイルカの飼育 マリンスノー 2 3 青森県営浅虫水族館報
282 森恭一 2002 ストランディング・レコードin小笠原番外編 Megaptera 36 6 小笠原ホエールウォッチング協会
284 Nakaya R 1950 Salmonella enteritidis in a whale The Japanese Medical Journal 3(5) 279-280  
286 山田格 1998 海産哺乳類ストランディングネットワーク構築に向けて かはく国立科学博物館ニュース 353 4-11 国立科学博物館
287 高橋在久 2000 鯨類回帰が始まった東京湾 東京湾学会誌 1(4) 102-109  
288 南部久男・稲村修・田島木綿子・倉持利明・山田格 2002 富山湾における鯨類(Cetaceans)の記録(2001年) 富山市科学文化センター研究報告 25 129-132  
290 大森茂・小林毅・鈴木欣哉・小野准子・吉田靖宏・横田秀幸・清水良夫・岡田隆幸・菊地由生子・高杉信男 1988 クジラ肉を原因食品とするサルモネラの食中毒事例 札幌市衛研年報 16 147-150  
292 Kasamatsu F and Ishikawa H 1990 Current sightings and stranding of gray whales in the adjacent waters and coast of Japan SC/A90/G31     IWC special meeting of the Science Committee on the assessment of gray whales
293 益子知樹 2002 鯨類の漂着 海岸 42(1) 45-48  
294 南部久男・西岡満・田中豊・太田希生 2003 富山湾における鯨類・ウミガメ類の記録(2002年) 富山市科学文化センター研究報告 26 145-147  
296 勝俣悦子 2003 水族館での保護活動−コマッコウがやってきた− さかまた 61 2-3 鴨川シーワールド 発行
297 本間義治 2002 佐渡外海岸で発見されたハンドウイルカの中軸骨格 セトケンニューズレター 19 2-3 日本海セトロジ-研究会
298 渡部満 2002 妊娠していた2頭のクジラ セトケンニューズレター 19 1 日本海セトロジ-研究会
299 Wada S. Oishi M. Yamada T. 2003 A newly discovered species of living baleen whale Nature 426 278-281  
300 若林郁夫 2003 希少動物の死亡記録(4) 三重の生き物だより 19   志摩半島野生動物研究会
301 若林郁夫 2003 希少動物の死亡記録(5) 三重の生き物だより 20   志摩半島野生動物研究会
302 北海道立水産試験場 1999 シロイルカの撮影に成功! 北水試だより 45 5  
304 若林郁夫 2004 希少動物の死亡記録(6) 三重の生き物だより 23 9 志摩半島野生動物研究会
305 箕輪一博 2004 徹底剖検されたハンドウイルカ セトケンニューズレター 20 1 日本海セトロジ-研究会
306 森恭一 2004 ストランディングレコードin小笠原VII Megaptera 43 2 小笠原ホエールウォッチング協会
307 南部久男・田島木綿子・天野雅男・早野あずさ・新井上巳・角田恒雄・山田格・田中豊・工藤英美・柴田理・小笠原敏・石井善春・玉置さやか・柴山可奈・山本智・海野卓 2004 秋田県八竜町に漂着したツチクジラ 富山市科学文化センター研究報告 27 113-122  
309 南部久男・山田格・石川創 2003 富山湾におけるコククジラの記録 日本海セトロジー研究会第14回大会発表要旨集   9 日本海セトロジ-研究会
310 Kato H. Ishikawa H. Mogoe T. Bando T. 2005 Occurrence of a Gray Whale,Eschrichtius robustus,in Tokyo Bay, April-May 2005, with its Biological Information. SC/57/BRG18     第57回IWC科学委員会提出論文
311 Gaskin E.D.Yamamoto S. Kawamura A. 1993 Harbor Porpoise, Phocoena phocoena, in the coastal waters of northern Japan Fishery Bulletin 91 440-454  
312 石井雅之 2006 二宮町に座礁したハッブスオウギハクジラ Sclean 14 6 かながわ海岸美化財団
313 阿嘉島臨海研究所 2006 クシバルで座礁−シワハイルカ− アムスルだより 77 1 阿嘉島臨海研究所
314 和田昭彦 2001 珍鯨オウギハクジラ稚内に漂着 北水試だより 52 24 北海道立水産試験場
315 森恭一・五ノ井市朗 2005 ストランディングレコードin小笠原VIII Megaptera 46 4 小笠原ホエールウォッチング協会
316 内田詮三 1988 沖縄の海産哺乳類 水族館動物図鑑−沖縄の海の生きもの−   168-179 (財)海洋博覧会記念公園管理財団 発行
317 本間義治・箕輪一博・中村幸弘・青蜿イ・野村卓之・古川原芳明 2007 新潟県沿岸における海生哺乳類の目撃漂着記録(2006年6月〜2007年5月)と佐渡航路船による鯨類目撃記録(2006年) 日本セトロジー研究会第18回大会発表     日本セトロジー研究会
318 高島春雄 1929 ゴンドウの記 LANSANIA 1(7) 97-103  
319 鈴木寅之助 1923 鯨群の集来 動物学雑誌 35(411) 225-226  
320 金成英雄 1983 房総の捕鯨       崙書房出版
321 末吉豊文・原田博樹 2002 宮崎県高鍋町にストランディングしたオガワコマッコウ 宮崎県総合博物館研究紀要 23 7-10  
322 石川創 2008 苫小牧コククジラ顛末記 セトケンニューズレター 22 2-3 日本セトロジー研究会
323 Ohishi K. Katsumata E. Uchida K. Maruyama T.   2007 Two stranded pygmy sperm whales (Kogia breviceps) with anti-Brucella antibodies in Japan Veterinary Record 160 628-629  
324 吉岡基・竹川義彦 2008 伊勢湾に迷入した大型マッコウクジラ 三重大学大学院生物資源学研究科紀要 35 79-84 三重大学
325 本間義治・箕輪一博・中村幸弘・岩尾一・青柳彰・古川原芳明・岩下雅彦・大原淳一 2009 新潟県沿岸・沖合における海生哺乳類の漂着・混獲・目撃記録(2008年1月〜2009年5月) 日本セトロジー研究会第20回大会発表     日本セトロジー研究会
326 Yamada TK. Uni Y. Amano M. et al.  2007 Biological indices obtained from a pod of killer whales entrapped by sea ice off northern Japan. SC/59/SM12     第59回IWC科学委員会提出論文
327 NPO法人宮崎くじら研究会 2009 2006、2007、2008年度宮崎くじら研究会活動報告書 2006、2007、2008年度宮崎くじら研究会活動報告書      
328 久保田信 2009 和歌山県田辺湾に長期間迷入したマッコウクジラ 漂着物学会誌 7 47-49  
329 大石雅之・和田志郎・山田格・今原幸光 2009 和歌山県および大分県から報告されたナガスクジラ科鯨類標本の再検討 日本セトロジー研究 19 1-8 日本セトロジー研究会
330 Fujiwara et al. 2007 Three-year investigations into sperm whale-fall ecosystems in Japan Marine Ecology 28 219-232  
331 佐藤晴子・市村政樹 2011 知床・根室海峡海域におけるシロイルカ(ベルーガ)Delphinapterus leucasの出現記録 知床博物館研究報告 32 45-52  
332 千葉県県土整備部河川整備課 2003 千葉東沿岸海岸保全基本計画     1-23  
333 南部久男・関東雄・真柄真実・山田格・太田希生・藤田将人 2011 富山湾における海棲哺乳類の記録(2010年) 富山市科学博物館研究報告 34 141-144  
334 谷田部明子・山田格・南部久男 2011 秋田県に漂着したツチクジラの胃内容物 富山市科学博物館研究報告 34 145-149  
335 桑野涼・熊代徹・田中平 2011 大分県及び宮崎県北部周辺海域における鯨類のストランディング調査 日本セトロジー研究会第22回(名古屋)大会発表要旨集   29 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」発表
336 祖一誠・前田義秋・加藤加奈・佐伯宏美・井上聰 2009 座礁したコマッコウの保護と飼育 動物園水族館雑誌 50(1) 13-20  
337 特定非営利法人宮崎くじら研究会 2012 「渚の交番」を活用した海の環境学習活動報告書        
338 河野光久 2008 近年の山口県日本海沿岸に出現した鯨類 Bull. Yamaguchi Pref. Fish. Res. Ctr. 6 75-78  
339 本間義治・岩尾一・箕輪一博・中村幸弘・青柳彰・岩下雅彦・大原淳一・今村美由紀 2012 新潟県沿岸・沖合における海生哺乳類の漂着・混獲・目撃記録(2011年3月〜2012年5月) 日本セトロジー研究会第23回(松島)大会発表要旨集     日本セトロジー研究会
340 橋本勝 2012 津波で運ばれたスナメリを骨格標本で活用 セトケンニューズレター 30 2-3 日本セトロジー研究会
341 大島陽 1998 北海道オホーツク海沿岸に漂着する鯨類の生物調査 財団法人北海道科学・産業技術振興財団平成9年度助成事業成果報告書      
342 かごしま水族館 2012 付表2.ストランディングレコード 鹿児島のイルカ・クジラ〜かごしま水族館の鯨類調査から〜   76-77  
343 Iwasaki T. and Kubo N. 2001 Northbound migration of a humpback whale along the Pacific coast of Japan Mammal Study 26 77-82 The Mammalogical Society of Japan
344 中島将行 1994 伊豆・三津の水族館で保護された4頭目のミンククジラU.形態・解剖学的研究 動物園水族館雑誌 36(1) 1-9  
345 中島将行 1995 伊豆・三津の水族館で保護された4頭目のミンククジラV.骨学的研究 動物園水族館雑誌 36(2) 58-64  
346 下関市水産課 2012 下関くじら物語       下関市発行リーフレット
347 Kitamura S. Matsuishi T. Yamada TK. Ishikawa H. Tanabe S. Nakagawa H. Uni Y. and Abe S.  2012 Two genetically distinct stocks in Baird's beaked whale (Cetacea: Ziphiidae) Marine Mammal Science     in press